人生楽しまなきゃね。Handle name:vino


by EMKB
カレンダー

2006年 09月 22日 ( 3 )

Wine Tasting@ VINO

友達とJoe's Shanghaiに行く前に(一つ前の記事参照)、時間があったので久しぶりにこちらのリストにも載せたワインバー、Enotecaの目の前にあるイタリアンワインの専門店VINOのフリーテイスティングに行ってまいりました。
c0084258_2323299.jpg

今日のワインはこちらです。
c0084258_232428100.jpg

この中で私が特に気に入ったのはVareiji、Amarone, そしてReciotoの3種。
Vareijiは今までに経験したことの無いユニークな香り。レッド系のフルーツとともに色々なハーブの混ざったような複雑かつさわやかな感じ。light~medium body。
Amaroneもとてもlovely。濃縮されたチェリーやブラックベリーの香りに、ほのかなミネラルの香りがプラスされたような感じ。フィニッシュも長くかなりのお気に入り。でもやっぱりAmarone。Everyday Wineとしては買えない値段です。medium body。
ReciotoはスィートワインバージョンのAmarone。お店の人の話だと、こちらのワインが先にできてAmaroneはアクシデントでできたワインだとか。普段あまりスィートワインを飲まない私ですが、このワインはかなり高ポイント!ブラックベリーやラズベリーなどのジャムに、チョコレートの香りが混ざって、それはもう・・・フィニッシュはチョコレートっぽかったかな。テイスティングに来ていた女性と本当にこれはおいしいねえなんて盛り上がりました。

テイスティングに来る人はやはりワイン好きの人が多いので話しているといいお勉強になります。ちなみにこの日一緒に話していた女性はシェフとしてレストランで働いている、というのでもちろんNYのお勧めレストランも聞いときました^^行ったらご報告しまーす。

VINO
121 East 27th Street (between Park & Lexington Ave.)
New York, NY 10016
tel:212-725-6516
[PR]
by EMKB | 2006-09-22 23:59 | ワイン
昨日はお友達のファッション誌のリリースパーティーに行ってきました。パーティーが始まるのが8:00だったので、その前に一緒に行く友達と久しぶりにJoe's Shanghaiで小籠包を食べてきました。今回行ったのはチャイナタウン店。
c0084258_224737.jpg
やはりここの小籠包はおいしい!一緒に行った友達の一人が小籠包の食べ方を完璧に習得していて驚き!蓮華に小籠包をいれ、お箸でわり、たれを少しかけてスープを蓮華に移し、皮と種を一緒に食した後で最後にスープを頂く・・・驚いたことにお皿にスープが一滴もたれていない!!私ともう一人の友達も挑戦しましたが、お皿にはスープがいっぱい。。。
この濃くのあるスープとジューシーな肉、そしてスープを程よく吸った皮が絶品です。
小籠包食べ方達人によると、ミッドタウン店(ウェブサイトにはuptownとして載っています)より、チャイナタウン店のほうが断然おいしいとのこと。この日は小籠包のほかに、達人お勧めのチャーハン、そして空芯菜を注文。空芯菜、家で育てているのよりもやわらかくておいしい・・・家のは何がいけないんだか。
チャーハン、達人いわく日本のチャーハンの味。塩加減も炒め具合もちょうど良く、そのままでも、小籠包から流れ出たスープと一緒でもおいしくいただけます。

どうもB氏は小籠包を食べたことが無い様子。今度連れて行ってあげないと。
食事後は、パーティーへ。会場はチャイナタウンにあるm1-5というバー。店内はマンハッタンのバーだというのを忘れるくらい広々!!ドリンクもなかなかでしたよ。

Joe's Shanghai
チャイナタウン店
9 Pell Street
New York, NY 10013
Phone: 212-233-8888
Fax: 212-233-0278
Hours:
Mon - Sun
11am - 11pm


**NYのお勧めレストランに追加しておきます。
[PR]
by EMKB | 2006-09-22 23:10 | レストラン・バー

類は友を呼ぶ

昨日はJoe's Shanghaiでおいしい小籠包を食べ、友達と楽しい時間を過ごしたということのほかに、もう一ついいことがありました。実は、前に携帯が故障したときからずっと連絡が取れなかったジュエリーデザイナーの友達Aちゃんの連絡先がわかったのです!!
昨日でかけた友達の一人がとあるデザインなどで有名な学校でAちゃんと同じ専攻だったことが判明。私がAちゃんの話をすると・・・なんとAちゃんとは知り合いで連絡先も知ってるよーというのです!!彼とAちゃんとはまったく違うつながりで知り合った友達。さっそくAちゃんに電話をしてみました。彼女もなぜ私とその彼が友達なのか不思議そうのようす。話をしていると、Aちゃんのつい最近までのルームメートが、実は私の昔のルームメートだったことが判明!ギターリストの彼はバンドの活動のために日本へ。

いやあ、偶然てあるものなんだな。でもこれ、別に不思議でもないのかもしれない。私の周りの友達を見てみると、ほとんどがアーティストだったりする。デザイナー、役者、写真家、音楽家・・・私の出た学校はビジネスで有名だというのに、どうしたもんだろうか。

やっぱり、"類は友を呼ぶ"なのだろうか。もうすっかり離れているって言っても、10年も役者を目指してたんだから、なんとなく納得できる。ビジネスで有名な学校にいくって言ったら(私はビジネスメジャーではありませんけどね。思いっきりバッチャラー オブ アーツですよ。)周囲から、似合わないと思いっきり言われた・・・それも納得。 

類は友を呼ぶって、やっぱりあるんだなあと改めてなっとく。
[PR]
by EMKB | 2006-09-22 03:43 | つぶやき