人生楽しまなきゃね。Handle name:vino


by EMKB
カレンダー

2006年 08月 09日 ( 2 )

歯、というか歯茎の痛みを紛らわせようと思い、今日はまたまたブログをアップ。

おいしいワインを見つけるのってなかなか簡単そうで難しい。偶然の出会いもありますが、それ以外にも自分の好みのワインを見つける方法はあります。それは。。。

ワインを良く知っていて、自分の好みをわかってくれる親切な店員さんのいるお店を見つけることです。

簡単そうに聞こえますが、これがなかなか大変。まあ、これも偶然の出会いといえばそうなのかもしれませんが。

私の好きな店員さんは以前住んでいたNJのローズランドという町の近くにあるワインレジェンドというお店で働いています。マイクという名の方で、少しアクセントが強く(ヨーロッパ系だと思います)たまに聞き取りにくいこともあるのですが、この人のチョイスはいつもパーフェクト。

私はおなじみのイタリアンやフランスのワインのほかにいつも"何か新しいものを試してみたいんだけど。"といって、マイクにアドバイスをもらいます。ワインの好み、そして大体の値段の範囲を伝えて、それに合ったものを紹介してもらうのです。自分で選ぶと大体いつも同じようなものばかり選んでしまうので、第3者の意見はとても新鮮。

一番びっくりしたのはマイクが私にチリ産のシャルドネを紹介してきたときでしょうか。New World(以前こちらでお話ししましたが、ヨーロッパ以外のワインの産地です。例えばカリフォルニア。)のシャルドネはあのbutteryな感じがあまり好みではなく、飲むことは少ないのですが、マイクに、"絶対これ気に入ると思うからためしに飲んでみな。"と進められ、言われるがままに購入。

マイクは正解でした。チリ産のシャルドネはカリフォルニアなどのものに比べ、クリスプでフレッシュ、私好みの白ワイン。ありがとうマイク!こういう店員さんとの出会いは本当に大切です。今は引っ越してしまったので、マイクのいるお店に行くこともなくなり、とても寂しいです。。。今の家の近くではまだいい店員さんのいるお店を見つけていません。いつも行く近くのリカーストアーはかなりの常連なので行くたびにワインオープナーや栓抜き、Tシャツなどをいちいちくれますが。。いい店員さん、うちの近くで見つかればいいのですが。

カリフォルニアのシャルドネはあまり好みじゃないって言いましたけど、別に飲まないわけではないんですよ。サーモンのクリームソースなんかにはぴったりの相性だと思います。いつかワインと食べ物のペアリングについて書こうと思います。
[PR]
by EMKB | 2006-08-09 06:20 | ワイン
親知らずを4本抜いて一晩たちました。痛み止めが切れてくると、まだ痛い。。ううう。もう少しの我慢。。。だといいのですが。

さて今日は、ヴォッカを使った簡単な大人のデザートレシピを紹介。私はデザートではなく食前酒みたいな感覚でいただきましたけど。早くこれがまた食べれるようになりたいよ~

ピーチとヴォッカ・夏のデザート

c0084258_4533213.jpg

黄桃 大き目のもの 1個 
レモン汁 小さじ1
砂糖 小さじ2~3
ヴォッカ 大さじ2~3
フレッシュミント 5,6枚(葉がおきければ少し小さめにちぎる)

1.ピーチを一口大に切りレモン汁をふりかける。
2.そこに砂糖をまぶしヴォッカを振り入れる。
3.ミントも加えよく混ぜ合わせる。
4.冷蔵庫で最低4時間冷やす。

私は冷やしたマティーニグラスにピーチと底にたまっているヴォッカのシロップをいれ、その上から少量の冷やしたヴォッカをさらに注いで出しました。甘口がお好みの場合はシロップのみで。写真のものは4時間くらい冷蔵庫で冷やしたものです。この時点でも食べられますが、翌日残りを食べたらそのほうが格段においしかったです。見た目は作ったその日のほうがきれいでしたけど、味で勝負!という場合は一晩冷蔵庫で寝かせることをお勧めします。
[PR]
by EMKB | 2006-08-09 05:09 | おうちで晩御飯・レシピ