人生楽しまなきゃね。Handle name:vino


by EMKB
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

劇作家の卵たち

2月27日木曜日、そして3月6日の木曜日の7時から "The Ma-Yi/Youngblood Mashup" なる物がEnsemble Studio Theatre で行われている。これは10人のMa-Yiグループ所属劇作家と10人のYoungblood所属 劇作家が10分劇をそれぞれ書いてその作品をThe Ma-Yi vs. Youngblood で競うというもの。ここに参加している劇作家は全員30歳以下。

役者は合計20人で、各劇作家にランダムに割り当てられる。面白いことに、芝居の内容を決めるのは劇作家ではなく役者。劇作家は割り当てられた役者の要望にそって10分劇を仕上げなくてはならない。

27日に最初の10人の劇作家の作品がリーディング形式で上演された。(リーディングというのは役者たちが台本を読みながら上演されるもの。)それぞれの芝居にかけられた稽古時間はたったの2日。

駆け出しの劇作家によってかかれ、たったの2日で仕上げられたお芝居。面白くて見入ってしまう!という感じではないが、一つ一つの作品から劇作家の個性が見られる。27日に上演された物には不条理劇的でコミカルなものが多かった。

私はコミカルな芝居は好きだが、芝居は面白いだけでは成り立たない。中身が必要だ。10分という短い時間の中でどれだけ正確にその芝居のメッセージが観客に伝えられるか、それが勝負どころでもある。それにはできる限り無駄を省き、必要な物だけを残していかなければならない。

大学時代に芝居を書くクラスを取った。芝居を書くための基礎的な知識を学んだ上で1つの作品を仕上げつというもので、長年書くほうでなく演じる側に身を投じてきた私としては新鮮な物があった。中学生の時に書いた芝居のくだらなさにあきれると同時に、芝居を書くということの難しさを改めて実感した。

3月6日には、友達の劇も上演される。役者でまた別の友達も参加しているので時間があれば見に行きたい。この合計20人の若手劇作家の中から、いったい何人が日の目を見ることができるのだろうか。

Ensemble Studio Theatre
549 52nd Street b/t 10th and 11th Aves(2nd floor)
[PR]
by EMKB | 2007-03-03 05:17 | NY・NJで楽しむ