人生楽しまなきゃね。Handle name:vino


by EMKB
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ワインだけではないんです・・・

c0084258_5284818.jpg

こちら、けしてどこかのバーではございません。うちです。
ハードリカーは長期保存が可能なので、うちではいつも大瓶で買うのですが、これはちょっと大きすぎでないかい?という疑問を抱いたりしている今日この頃・・・

c0084258_5311273.jpg 真ん中の大瓶4つ、左からストリチヤナ(ウォッカ)、バカルディ(ラム)、グランリビット(シングルモルトスコッチ)、そしてクエボ(テキーラ)は1.75リットル入り。

こうして持ちやすいようにハンドルまでついています。確かに、ただの円筒だったら持ちにくくてしょうがない。

こんなに大きいとかなり持つだろう、と思っていたのですがそうでもなく・・・とくにクエボ、グランリヴィットはかなりの速さで消費されていくのです。





ヴォッカのなかではケテルワンが好きなのですが、売リ切れていたりすると、このストリチヤなを購入します。ケテルワンは悪酔いしない気がすると思うのですが、私だけでしょうか・・・バーに行ってもマティーニや、ヴォッカを使ったカクテルを飲むときにはいつもケテルワンで作ってもらいます。とくにドライマティーニやダーティーマティーニを飲むときはケテルワンが今のところ一番お気に入り。

テキーラはブランコ、リポサド、アニェホ、と3種類に分かれます。これは熟成期間の違いです。製造されてすぐ瓶詰めされたものがブランコ。無色です。2ヶ月から1年以内熟成されたものはリポサド。ゴールド色。そして熟成期間の長いものがアニェホとなります。もちろん、アニェホのショットはリポサドに比べてとても滑らかなのですが、お値段の関係でうちではいつもリポサドを買っています。まあ、何かと混ぜてカクテルを作るときなどはブランコやリポサドのほうが向いていますし。私はショットで飲む以外にオレンジジュースと混ぜ、ライムを搾ってよく飲みます。
ブランドでは、クエボもいいですが、私は1800が個人的に好み。そういえば、虫が瓶に入っているもの(見たことあります?)も買ってみましたが、味に癖があって私好みではありませんでした。パティーダというブランドもなかなかです。最近バーでよく飲むのはペトロン(ブランコ)withライムジュース。ロックで飲みます。やっぱりペトロンはおいしい。お値段のことだけある。

シングルモルトはB氏がこよなく愛するお酒です。私も飲みます。私たちはシングルモルトに氷を1つ入れたくらいで飲むのが好きなのでバーで頼むときはロックではけして頼みません。(ロックで頼むと氷をこれでもかというくらい入れられてしまうので)。ストレートで頼み、お水をもらって、自分たちで配合します。

ラムはモヒートを作るときに使いますが、後は私がしょっちゅうラムレーズンを作るのでそれに役立っています。

ポートワイン(写真一番左)、私もB氏もあまりファンではありません。これは私がお料理に使っているもの。豚肉をソテーして、ポートワインソースで頂くとおいしいです。簡単にソースが作れるので重宝しています。

ベルモット(一番右。ヴァムースって日本語でベルモットですよねえ確か)はドライマティーニ、ダーティーマティーニを作るときに使う以外はお料理に使ったりしています。お料理に使うお酒はこれ以外に、日本酒とマルサラです。

さて、右から2番目。151ですが、これは151プルーフのお酒です。70プルーフがアルコール40%、ピュアアルコールが175プルーフくらいなので、どれだけ強いかお分かりになると思います。けっしてそのままでは飲みません!
これはフレーミングドクターペッパーという飲み物を作るときに使います。この飲み物はどういうものかといいますと・・・

1.ビール一缶をグラスに開ける
2.ショットグラスの3/4あたりまでアマラットをそそぐ
3.151をスプーンなどを使ってそっとアマラットの上に注ぎ火をつける
4.3を1のぐらすに落とし、一気に飲む(泡が出てあふれてくるので)

というものすごいものなのですが、これがドクターペッパーの味に似ているのです。私はあまり好きではありません。これはどちらかというと男の人向けじゃないかと。私は一気に飲むという行為自体が苦手なので・・・ちなみに、アマラットでは私はディソラノというブランドが好きです。

あと、写真の後ろに移っているのは鳥飼という焼酎。これは父が5本くらい持ってきたので・・・とても飲みやすくフルーティーな焼酎です。私は前回の帰国の時には紫蘇焼酎、たんたかたんにはまっておりましたが。

このほかにうちにはいつもワインとビールがあります。アメリカに来てからというものお料理のほかに色々なカクテルも作るようになったのでこれも結構楽しみの一つです。
[PR]
by EMKB | 2006-09-13 05:38 | おうちで晩御飯・レシピ