人生楽しまなきゃね。Handle name:vino


by EMKB
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ワインと食べ物のペアリング

まあ、好きなワインを好きな食べ物と一緒に飲むっていうのが一番大切!
・・・なのではありますが、ワインを選ぶときはできるだけそのときのメニューにあったものを選ぶようにしています。なんだかその方が食事もワインも引き立つような気がするので。

そこで、今日はワインと食べ物のペアリングについて書こうと思います。

ワインと食べ物をあわせるポイントがいくつかあります。





その1:重さ
重くリッチな食べ物にはフルボディーの重めのワインを、軽い感じの食べ物にはライトボディーの軽い口当たりのワインを、ということです。ビーフシチューやステーキなどにはカルベネ・ソヴィニョンやジンファンデルなどが合うわけです。クリーム・チーズ系のリッチなもの、例えばアフレドソースのかかったパスタなどにはフルボディーのシャルドネがとてもよく合います。
反対に、軽めのもの、たらやバスなどにはソヴィニョン・ブランやピノグリジオなどが合いますね。シーフードなら白ワインでしょ?と友達によく聞かれるのですが、そうでもありません。例えば結構しっかりしたお魚たち、マグロやサケなんかにはピノ・ノアはよく合います。ピノ・ノアは軽めのデリケートな赤ワインなのでこういったものに合うのでしょう。ですから、ワインを選ぶときは、色で選ぶのではなく重さで選ぶということです。

その2:甘さ
甘いものを食べているときに辛口なワインを飲むと、酸度が強調されてしまって、おお、これは酸度強す!という感じになってしまいます。なので甘いものには同じくらいの、またはそれより少し甘めのワインが合うのです。例えば、貴腐ワインはプディングなどによく合います。

リッチなスウィートワインは重めのオイリーな食べ物、パテとか、とも相性がいいです。ソーテルヌのワインはフォアグラと合わせるととてもいいと言われていますが、私には高価過ぎてまだ試したことはありません・・・この場合ワインも食べ物もリッチで、その上ワインの酸度が食べ物に含まれている油分と合うのでしょう。(スウィートワインの酸度は結構しっかりしています。そうでないとワインがフラットな感じになってしまうそうです。)

あとスウィートワインとの組み合わせで有名なのはブルーチーズですね。このほかに、ドイツ産のワイン(スウィートワインでなくても甘めのものが多いいのです。なぜかはまた今度ご紹介します。)はスパイシーなインド料理にも合います。辛さをやわらげてくれるのですね。

酸度
クリスプな感じのしっかりした酸度のあるワインは、これまた酸度のあるトマトベースの料理にはピッタリ!お伝えしたように、酸度はオイルとも相性がいいのでオリーブオイルベースのお料理にもよく合います。お気づきでしょうが、そうです。これはイタリアの代表的な食べ物ですね。イタリア産のワインは酸度がしっかりしているものが多いので、地元の料理と本当によく合います。

でも、食べ物の方の酸度が強すぎるばあいも・・・サラダにヴィネグレットとかレモンとか。残念ながら、ほとんどのワインはこのようなあまりに酸度の高い食べ物には負けてしまいます。。

タニン
タニンはたんぱく質との相性が抜群。特に赤みのお肉なんかにはタニンの強いワインがよく合います。ステーキやビーフシチューにカルベネ・ソヴィニョンやシラーのようなのタニックなワインを合わせるのはこのため。先ほど、赤ワインも魚に合わせていいといいましたが、魚に赤ワインをあわせるときに注意したいのがタニンの含有量(タニンは白ワインにはあまり含まれていません)。脂身のある魚とタニンの強いワインをあわせてしまうと、金属のようなどうにも楽しみがたい味がします・・・なので、もし魚に赤ワインを合わせる場合はタニンの少ないものを。
もうひとつ。タニンの強いワインは塩気の強い食べ物とあわせると苦味を感じることがあります。だから、カルベネ・ソヴィニョンと塩辛なんていうのは避けたいコンビネーションなわけです。

長くなりましたが、ワインと食べ物のペアリングワンポイント講座でした。ここまで全部読みきってくれた皆さん、ありがとうございます!
[PR]
by EMKB | 2006-08-25 03:07 | ワイン